サイト工業のRC構造100年住める家


RC構造の家

RC構造の強度と木のぬくもりが、丈夫さと新しさを融合させた快適さと安心がいつまでも続く住まいです。 私たちが提案する「RC構造の家」。それは丈夫さと新しいデザイン性をもっています。
RC構造は、100年たっても外観の風格を保てる耐久性と十分な強度が実現する、お客様の希望に添った外装を造り上げることが可能です。
狭小スペースでは高さを生かし、駐車場でも十分に確保できる広々空間を可能とし、屋上緑化や、家族でバーベキューなどできるベランダスペースが容易にできるのはRC構造ならではです。
RC構造の強度と木のぬくもりが、丈夫さと新しさを融合させた快適さと安心がいつまでも続く住まいです。 インテリアには主に宮城県産の木材を使用します。
その地域の環境を家になった後も憶えているため、その後の湿気や乾燥にも自然に馴染みます。
また、県内産の使用は地元林業の活性化と自然環境保全にもつながります。内部の構造材や壁の下地材などには多くの県内産の木材が使用されています。
安心・安全・経済的に親子代々住みつなぐことのできる「100年住宅」
英語の「Reinforced Concrete」を略してRC構造などといいます。
鉄筋コンクリートのことで、張力(引っ張る力)に強い耐力を示す【鉄筋】と圧力(上から押す力)に強い耐力を示す【コンクリート】を組み合わせたとても強い構造です。

コンクリトートは施行後にその強度を増していき、木造と違いその精度に変化も起きません。その為100年以上の高い耐久性を実現できます。

鉄筋とコンクリートは熱膨張率も近似しており、その付着力も大きく、また、鉄筋の弱点である錆や耐熱性についても、アルカリ性のコンクリートの中では鉄筋は錆びず、コンクリートで皮膜することにより熱からも守られるといったように、互いの特性や弱点を補い合う理想的な構造であるといえます。

RC構造は、その特徴でもある安定性と耐久性に優れているため、トンネルやダム・高速道路や橋梁などといったように建物に多く使われており、その信頼性は広く認められているところです。


RC構造の資産価値
●耐用年数・・・RC47年(減価償却)
●空間価値の創造・・・広い空間が確保できます。
●都心回帰現象・・・遠くより近くに(容積200%以上)
●ライフスタイル・・・エコロジー(200年住宅)→ロハス
●壁式工法・・・ライフスタイルに伴う可変性→スケルトンインフェルノ
●高級志向・・・重量感(ファザード)

エクステリアデザイン

これからのRC住宅街を彩るオブジェ
エクステリアデザインの家



お役立ちメモ ~地鎮祭上棟式とは~
建築工事に着手するに、慣例的に行う儀式が地鎮祭です。「地鎮」ですから、そのに祭られている守護神を崇め、敷地の永久平安と工事の安全を祈ります。一般的には、宮司、建て主とその家族、設計者、請負業者、下請業者が参列し、建て主と請負業者の代表者が盛り砂に鍬を入れる「鍬入れの儀」を行い、土に手を加える事のお許しを請います。因みにお供え物は野菜、果物、海藻、海の魚、スルメ等です。これに対し上棟式は、柱や梁など建物の基本構造が完成し、棟木を上げる際に行われる儀式で、建前や棟上げともいわれます。建物の守護神と匠の神を祭って、これまでの工事の無事に感謝し、建物が無事に完成することを祈願する儀式です。近年では建主が工事関係者に気持ちよく仕事を進めてもらうためのもてなしの意味が強く、お酒やおつまみを振る舞ったり、お餅や金銭を紙に包んだ「御捻り」を棟木の上からばら撒く、いわゆる「餅まき」を行うことが多いようです。
▲ページのトップへ戻る